簡単!小顔になる方法ガイドについて

小顔の定義や小顔になる方法等の小顔ケア基礎知識をはじめとして、小顔に見える髪型、ヘアアケンジ、メイク方法の紹介、そしてリンパ、かっさ等各種小顔ケア・マッサージの解説等など、小顔について様々な事柄を掲載した小顔ケア総合情報サイトとなります。

 

 

小顔の定義とは

世の中はすっかり小顔ブーム。自分で顔が大きいなと思っている人は、少しでもいいから顔を小さくしたいと思いますし、髪型やメイクなどを工夫して、少しでも顔が小さく見えるような自分を作りたいと、女性はみな躍起になっていますよね。しかし、そもそも「小顔」って、どんな定義なのでしょうか?そして、どこからどこまでが小顔に該当するのでしょうか?「あの人と自分を比べたら、自分は小顔」というような方法ではなく、もっと客観的に自分が小顔かどうかをチェックできる方法ってあるのでしょうか?

 

人間の顔の大きさは、もちろん個人差がありますが、立った時に顔が小さく見えるかどうかは、上半身と下半身のバランスによって変わってきます。日本人は、下半身がドッシリしているのに上半身が貧相だという人も多いのですが、上半身が貧相だと、その上に載っている頭部はどうしても大きく見えてしまうことが多いようですね。

 

また、小顔に見えるかどうかは、顔が乗っている方の部分の大きさ、つまり、肩幅によっても異なるようです。自分自身の顔の幅と肩幅を比べてみてください。顔の幅:肩幅=1:2が、小顔効果抜群のゴールデン比率と言われています。顔の幅が同じでも、肩幅が広い人なら小顔に見えるというわけですね。

 

顔は、もともと生まれ持った骨格の上に、脂肪や皮膚などがついています。その為、何十センチもの大幅サイズダウンというものは不可能ですが、マッサージをすることて、皮膚についているむくみを取り除いたり、老廃物や毒素をリンパ腺の中に押し込んで体外へ排出してあげることによって、いくらかサイズダウンすることは可能です。そして、わずかなサイズダウンが、劇的な小顔効果をもたらしてくれるというわけです。

 

顔のゆがみやリフトアップをすることも、小顔効果が期待できます。年齢とともに肌がたるみやすくなりますし、顎も二重あごになりやすくなってしまいますよね。そうすると、本来の顔の大きさよりも顔が大きく見えてしまいます。小顔になるためには、できるだけ肌のタルミを少なくして、すっきりとしたアゴのラインをキープすることも必要です。

Copyright (C) 2017 簡単!小顔になる方法ガイド All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます