小顔矯正ってご存知ですか?美容クリニックなどで行う「小顔になるための美容整形手術」とよく間違える人も多いのですが、小顔矯正はそうしたメスを使う手術ではありません。カイロプラクティックや整体、コルギなど、骨格のゆがみやズレを矯正してくれるクリニックで施術を受けることができる矯正術の一つで、もともとは小顔矯正と呼ばれているわけではありません。しかし、頭部の骨格のゆがみやズレを解消するにあたり、骨のゆがみやズレを矯正しながら全体的にサイズダウンすることができることから、小顔矯正という施術名で客寄せをするクリニックは多いようですね。

 

頭部はもともと、複数の骨が組み合わさって成り立っています。それぞれの骨が独立している骨で、全体が立体パズルのように組み合わされているわけですが、パズルが組み合わさるときに、それぞれのパズルの間に微妙な隙間が生じてしまいます。一つの隙間は小さくても、たくさんの骨が組み合わさり、あちこちに隙間が生じると、全体としてはかなりたくさんの隙間が発生してしまうことになりますよね。小顔矯正では、そうした隙間を詰めながら、全体の隙間をなくすことでサイズダウン、つまり、小顔を作っていくことになります。

 

ただし、骨格は複雑に組み合わされていますし、神経や血管などもたくさん通っています。その為、経験不足のテクニシャンが矯正術を行うと、頭痛やめまい、吐き気、しびれなど、神経系統のトラブルを引き起こすリスクもあります。また、矯正するつもりが骨格にダメージを与えてしまい、アゴの異常を訴えたり、視野が少し変になってしまったり、視覚異常を訴える人も少なくないのだとか。

 

骨と骨の間に隙間があることは、実は意味があります。隙間を詰めていくことで小顔をゲットできるというのは、理論的には理に適っているのですが、一歩間違うと危険を伴うので注意しなければいけません。小顔矯正を行う場合には、症例を多く取り扱った経験のあるテクニシャンに依頼するようにしてくださいね。