小顔マッサージとは、顔の血行不良を改善したり、リンパのつまりを解消してあげることによって、顔にたまっている老廃物や毒素、むくみなどをすっきりと排出してあげることができるマッサージです。数年前からテレビや雑誌などのメディアでも良く紹介されているので、なんとなく方法は知っているという人も多いのではないでしょうか。小顔マッサージは、1日わずか5分間のマッサージによって顔にたまっている老廃物を排出することができるので、小顔になりたい人は、ぜひ自己流でも小顔マッサージに挑戦してみるのも良いでしょう。

 

まず、マッサージを始める前に、頭部と体をつないでいる首や肩のあたりの筋肉をほぐすことから始めましょう。肩甲骨のくぼんだ部分を指で押してみると、鈍い痛みを感じる場所があると思います。そこがリンパが詰まっているツボなので、指でグリグリとマッサージしながら、つまりを解消してあげましょう。また、背面では首の付け根の部分に、同じように指で押すと鈍い痛みを感じる場所があると思います。そこも、リンパのツボなので、グリグリと指で押しながらつまりを解消してあげましょう。これが、小顔マッサージのウォームアップとなります。

 

具体的なマッサージの方法は、動画などを見れば細かく紹介されていますが、小顔マッサージはリンパマッサージなので、肌の表面を優しくなでるだけでは体内の毒素をリンパ腺に乗せて排出することができません。血行力を入れて老廃物を「押し出す」というニュアンスでマッサージをしなければいけません。この時、肌への刺激を少なくするために、マッサージクリームを使うのも良いでしょう。マッサージクリームは高級なものではなくてよいので、リーズナブルなものでもたっぷり使うのがおすすめです。

 

マッサージによって集めた顔の老廃物は、最終的には肩甲骨のくぼみあたりまで押し出してあげましょう。その先は、体のリンパ腺が体外へと排出してくれます。小顔マッサージは、正しい方法で行うとマッサージ後にはフェイスラインがスッキリとシャープになります。毎日行う人もいるようですが、週に数回と定期的に行うだけでも効果的ですよ。