小顔効果の高いマッサージにはいくつかの種類がありますが、その中でも「かっさ」を使ったマッサージはご存知ですか?かっさとは、コンパクトなサイズで手のひらにすっぽり収まるぐらいのおおきさのマッサージ用アイテムで、コロリとした形をしているのが特徴です。素材は、陶器だったりプラスチックだったり、中には水牛の角で作られている高級なかっさなどもあるようです。

 

素材がどのようなものでも、マッサージをするときに、ツボを効率的に刺激できるようなデザインになっているので、指でツボを探しながら刺激するよりも、少ない力で効果的なマッサージができます。安室奈美恵さんも、実はかっさマッサージを普段から行っているのだとか。

 

かっさを使ったマッサージは、顔の老廃物や毒素、むくみなどをリンパ腺の中に押し込んで体外へと排出するリンパマッサージを行います。指でマッサージをしても良いのですが、力を入れながらマッサージをすると、手が疲れてしまいますよね? かっさを使うことで、ツボを効率的に刺激しながら、手も疲れることなくマッサージができます。顔の全面をかっさマッサージしても良いですし、すっきりさせたい部分を集中的にマッサージするのも良いでしょう。

 

かっさを使ったマッサージをするときには、注意したい点もあります。マッサージ用に作られているアイテムと言っても、異物であることに変わりはありません。その為、素材が肌に合わないと肌アレルギーの症状を起こしてしまったり、体調や生理の周期などによっては、肌に赤い斑点が出てしまうこともあるようです。それまで指でリンパマッサージをしていた人でも、かっさを使ってマッサージするときには、まず最初に肌トラブルを起こさないかどうかを確認してから使うようにしたほうが良いでしょう。

 

また、陶器タイプのものや、石タイプのものは、うっかり落とすと割れたりして危険です。お風呂の中にかっさを置いておく人は、万が一の破損も考えて、プラスチック製などを使ったほうが良いかもしれませんね。