自分の顔を少しでも小さくすることができれば理想的ですが、生まれ持った顔の大きさを、それほど劇的に小さくすることは難しいですよね。小顔マッサージをしたり、顔ダイエットをしたけれど、もっともっと顔を小さくしたいという人におすすめなのが、髪型を少し工夫して小顔に見えるように工夫するという方法です。髪型を変えることで顔が小さくなるというわけではありませんが、髪型を工夫することによって、顔が小さく見えることは可能です。つまり、「目の錯覚」を利用して、小顔に見せてしまおうというわけですね。

 

どんな髪型が小顔に見えるかは、その人の顔の幅や形などによっても異なりますし、ヘアスタイルによってもどのぐらい小顔効果があるかも異なります。オデコを全開にするよりは、前髪を作ってオデコを隠したほうが、小顔に見えることが多いようです。オデコ全体のヘアは大人っぽい雰囲気を作ってくれるので若い人には大人気ですが、アラフォー世代以上なら、逆に前髪を作ることによって、若く見せる効果も期待することができるようですよ。

 

顔を小顔に見せようと、ボリュームのある髪型をする人もいますが、これは注意が必要です。頭部全体が大きく見えてしまうと、顔が小さかろうが大きかろうが顔の大きさは関係なく、頭のバランスがドラえもんのように大きく見えてしまうこともあります。小顔効果を狙うなら、あまりボリュームのある髪型ではなく、できるだけボリュームを抑えたヘアスタイルを作るのもおすすめですね。

 

ショートの人なら、前髪を作って頭のてっぺんにボリュームを出すようなヘアスタイルが人気です。毛先を遊ばせれば、お洒落なヘアスタイルになるのも嬉しいですね。小顔を狙うなら、耳は隠していたほうが良いですが、顔を髪で隠すような髪型をする場合には、重たく暗く見えないように、ヘアカラーなどで髪の色を明るくすれば効果的です。ロングヘアなら、毛先をカールするなどして、頭部にはボリュームを出さず、毛先にボリュームを出せる髪型がおすすめです。