自分自身の顔のサイズそのものを小さくするには限界がありますが、ヘアスタイルやメイクなどを少し工夫することによって、目の錯覚を利用して顔を小さく見せることは可能です。メイクによって小顔を作り出す小顔メイクは、顔を小さく見せてくれるだけでなく、全体のスタイルを良く見せてくれる効果もあるので、女性ならぜひマスターしたいメイク法ではないでしょうか。

 

小顔メイクのポイントにはいくつかあります。

 

■立体的に魅せる
平坦な顔よりも、メイクの濃淡を利用しながら顔を立体的に魅せることができれば、小顔効果が出ます。例えばフェイスラインに影となるブラウン系のチークを入れたり、チークは頬骨が最も高い部分に入れて肌の凹凸を強調するなど、いろいろな方法があります。高い部分にはオレンジやピンクなどの明るい色を入れ、影となる部分にはブラン系のダークな色を使うことで、顔をより立体的に魅せることができます。

 

■ハイライトを活用
メイクの最後にはハイライトを使っていますか?ハイライトとは、オデコから鼻にかけてのTゾーンに最後にサッと入れる明るい色のことですが、Tゾーンに入れるからと言って皮脂分泌を抑える働きがあるというわけではありませんハイライトは、顔の中でもおでこや鼻スジなど、高さのある部分にハイライトを入れることによって、顔の凹凸を強調する効果があるメイクテクニック。ハイライトには、ホワイトや明るいベージュなどのカラーがありますが、ファンデーションよりも1トーン明るい色を選ぶのが、ナチュラルにハイライトを入れるコツです。

 

■アイメイクで小顔
アイメイクは、できるだけ顔の凹凸を強調できるようなメイクをするのが小顔効果につながります。パステルカラーを乗せるよりは、ブラウン系のグラデーションを利用して凹凸を作ったほうが小顔効果は高くなりますし、目尻や目頭などにも、影を付けたり明るさを入れたり、いろいろと手が込んだメイクをすることができます。具体的な方法は、動画などを参考にしながら、何度も練習してくださいね。