視力矯正のために利用するメガネにも、小顔効果がきたいできることはごぞんじですか?メガネをかければ誰でも小顔になれるというわけではありませんが、自分の顔の形や印象にピッタリとフィットするメガネを選べば、かなり大きな小顔効果が期待できます。

 

めがねといっても、いろいろな形や大きさがありますよね?自分の顔の大きさ、形、目鼻のバランスなどを考えながら、どの形で、どの大きさのメガネが自分にはピッタリなのかを知っている人は、かなり自分自身を研究している人ではないでしょうか。これからメガネと付き合っていく人なら、ぜひ毎日使うアイテムを上手に活用して、かけるだけで小顔効果を実現したいですよね?そのためには、メガネショップに行って、小顔効果のあるメガネの大きさや形を相談してみると良いでしょう。

 

小顔効果が期待できるメガネを選ぶ際には、自分の顔の縦のサイズの3分の1にメガネの縦サイズがおさまるようにしましょう。顔の縦のサイズとは、顎から眉毛までのサイズです。顔が丸くて長さの短い人なら、オーバーサイズなメガネだと小顔効果は期待できないということになります。細めのメガネを選んだほうが良いでしょう。

 

顔の横幅のバランスも大切です。顔の中で、最も幅が広い部分を図りましょう。それが、顔の横幅となります。顔の横幅と、メガネの横幅は、同じ長さになることが、小顔効果を得るためには必要な条件となります。顔の幅よりも小さなメガネだと顔が大きく見えてしまいますし、小顔効果があると言われているオーバーサイズのメガネでも、自分の顔は場に合っていない大きすぎるモノだと、小顔効果は期待できません。

 

めがねのフレームによっても小顔効果が異なります。顔がふっくらしている人なら、プラスチックのフレームや、ナイロールフレームと呼ばれる上半分にだけフレームがついているモノが良いでしょう。一方、丸顔の人ならフレームが目立つと顔も大きく見えてしまうので、淵なしフレームやナイロールフレームを選び、顔が面長の人は、プラスチックやメタル系のフレームがおすすめです。